注文住宅!失敗しない!天井高さの目安とは?

デザイン

新生活を迎えるにあたり、新居を構える方も多いかと思います。
住宅を作っていく中で、たしかに部屋の広さも気になりますが、天井の高さも、空間を演出するのに重要な要素です。今回は、住宅の天井の高さについてまとめていきたいと思います。

一般的な天井の高さ 2.4m

まず、1番一般的な天井の高さは、2.4mであることを覚えておいてください。建売住宅の天井の高さなどはだいたいこの高さであることがほとんどです。
2.4mあれば、低いと感じることはほとんどないかと思います。また、壁の仕上げなどに用いられるパネルなども、この一般的な2.4m高さを規格として制作している場合が多く、材料を無駄にすることもないので、施工費用を低く抑える効果もあります。

すこし高めの天井の高さ2.7m

次に、少し高めの2.7mです。2.7mの天井高さがあると、空間に開放感を与えることができます。天井を貼った場合の高さが2.4mの住宅の場合、天井を貼らないで、構造体を見せるようにする、「天井表し」という手法を用いると、だいたい2.7mくらいになることがおおいです。寝室などは天井を貼り、2.4mにし、リビングなど、開放感を必要とする空間は天井を貼らずに構造躯体を表しにすると、空間にメリハリがつきおすすめです。

2.7m以上の吹き抜け空間

2.7mよりも高く設定したい場合は、3mなど、数字を刻んでいくこともできますが、二層分の吹き抜け空間にすることも考えてみましょう。吹き抜け空間は、リビングなどの広いスペースに設けるとより効果的です。また、天井の高さが高ければ高いほど、上部に窓などをつけることができ、明るい空間を作ることが可能です。もちろん、大きな空間はデメリットもありますので、よろしければこちらの記事も参考にしてみてください。

吹き抜け空間のメリット・デメリット−新築住宅のアイデア−

最低限の天井高さ2.1m

建築基準法で定められている最低限の天井の高さは、2.1mです。なので、どうしても空間の確保が難しい場合や、そもそも小さな面積の空間であれば、2.1mを選択して問題ないでしょう。部屋の面積が大きな場合には、平べったい空間となってしまうため、オススメはできません。

2.1m以下の天井高さ

実は、2.1m以下の天井高さの部屋を作ることも可能です。前の項でまとめた、建築基準法で定められた最低限の天井高さは、対象の部屋が「居室」である場合です。
なので、「居室」とならない、廊下や洗面所、トイレなどはそれよりも低い天井高で空間を作ることが可能です。高さ制限がある場合や、無駄な空間を作りたくない場合には、できるだけ天井高さを絞ってみるのも良いかもしれませんね。

適切な高さの設定のコツ

天井の高さや、どのような効果があるかなどは前の項でまとめていきました。それでは、どのように設定するのが良いのでしょうか?

部屋の広さを考えよう

まず、重要なのは部屋の広さを考えることです。小さい面積の空間の天井高さを上げてしまうと、壁との距離が近いのに壁が高くなり、圧迫感を感じてしまう可能性があります。また、広い部屋の天井高さを低くしてしまうと、平べったい空間になってしまい、これもまた圧迫感を感じてしまいます。天井高さを設定する際は、部屋の広さを考慮しましょう。

天井の高さにメリハリをつけよう

そしてもう1つのコツは、いくつか高さを設定して、メリハリをつけることです。
天井高さは高い方が開放感があって良い、、じゃあ全部2.7mにしよう!という考えは危険です。最初に書いた通り、基本は規格品も使える2.4mで考えていくのがセオリーです。そこから、リビングだけ高くしてみたり、トイレは上の階との関係を考えて低く抑えるなど、設定していくと、住宅全体の天井高さにメリハリが出てきて、良い空間になっていくと思います。

天井高まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、注文住宅の天井の高さについてまとめてみました。なにも作戦を立てずに、同じ高さにしてしまったり、とりあえず高くしてしまったりするのは、お金や空間の無駄につながります。きちんと生活と空間をイメージして、設計者さんと打ち合わせを行うことが大切であると思います。最後まで閲覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました